聖なる予言

読書メモです〜。

聖なる予言 (角川文庫--角川文庫ソフィア) (文庫)
ジェームズ レッドフィールド(著)


偶然の一致を信頼する。というのが改めて心強かったです^^!


それから、人との関係性やパートナーシップについてが面白かったです。
男女関係でも、最初はエネルギーを与え合えるけど、いつの間にか権力闘争に陥ったりするとのことでした。人の望む答えに結構合わせようとする方かと思うんですが、それが不安から来てたりするとだんだんと、辛くなってくるのかな。嫌われたくなくて、我慢して服従するというか〜。繰り返していた感じもするので、耳が痛かったような。。
自分の状態と癖を見てようと思いました〜。そしたら人も楽だと思うような。


それから、グループ会議の内容が面白かったです。
ブレインストーミングだとか、アクションラーニングだとか、そんなものが近いのかな。
頭の中のかけらを出し合えば、一人より、よい方法が見つかるというシーンで、そのやり方でした〜。
りゅうたまだとか、仲間通しの打ち合わせで、そんなシーンを経験して楽しかったことが。バチバチとはまって、おお☆と全員が納得。感動したりしました〜。
日常迷うところがあって、相談したくなっても、その人のいう答えを決めつけちゃったり、わかっちゃったりすると、、。つい一人で消化しようとこもってしまうことも多いんだけど。。
私がこの話し合いの性格を忘れないでいて、それで一緒に考えてくれる人がいたらこれは強いですね。これができる人とか目的をパートナーにしていけたらとてもいいなあ。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 聖なる予言

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.kobayashi-factory.com/mt/mt-tb.cgi/20

コメントする

このブログ記事について

このページは、こばが2008年7月 1日 13:43に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「からふる6月 アート書道」です。

次のブログ記事は「スパイパス ライブ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。