小児がん ゴールドリボンウォーキング

9106289_2544558392.jpg
ちょっと前になりますが、いつもお世話になっているデザイン制作会社さんから小児がんのリーフレットプレゼン用に、イラストのお仕事をいただきましたアート 

がんについては、身内のこともあって、昨年から本を読んだりしてたのですが、小児がんは、稀なケースでもあり、考えたこともなくって。 
わたしのおなかにも赤ちゃんがいる身体で思うところも多くって、いろいろ調べたり、思ったりしながらのお仕事でしたえんぴつ 

医療の進歩によって、生存率は60〜70%ほどにもあがってきたそうなのですが、例が少なかったり、まだ認知度が低いことなどもあり、研究の余地はまだたくさん残されていて、もっと多くの人から理解が得られれば、きっともっと助けられる。そういった状況なんだそうです。 

0歳から、がんの子もいて、調べれば調べるほど、ご家族の方の思いは、いたたまれなくて、たまらないような気持ちになるというか...。 

http://www.ccaj-found.or.jp/ 

絵は、だから、あんまり主張が強かったり、元気ではいけなくって、 
かといって、暗くってもいけなくって。 
でも少しでも、不安な気持ちが、減るように。 

イベントとか、ご興味ある方は、4月24日に日比谷公園で、小児がんの子どもをサポートする、「ゴールドリボンウォーキング」とがあります。 
子ども用品のバザーもあるみたい双子座 
協賛はアフラッフだったかな。 
(わたしも行きたいのですが、体調により、まだ行けるかわからないですが冷や汗それに大相撲秦野場所植樹と重なってしまっていて...涙) 

http://www.gold-ribbon.jp/ 

お仕事するのに、同じようにエネルギーを使うんだったら、 
とても必要だと思うし、やりたいなあと思うことに、エネルギーを使える機会をいただけるのは嬉しいです。(ただただ楽しいでも、もちろん素晴らしいですぴかぴか(新しい)) 

といっても、たかが絵を描くしかできないですが、今のわたしだから、学ぶ必要があって、できることのために、力を使えるのが、とてもありがたいと思いました。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 小児がん ゴールドリボンウォーキング

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.kobayashi-factory.com/mt/mt-tb.cgi/88

コメントする

このブログ記事について

このページは、こばが2010年3月 8日 14:09に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「からふるTシャツ展 銀座と赤坂スワンカフェでやります♪」です。

次のブログ記事は「天才とは、人を幸せにする能力を発揮している人」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。