読書メモの最近のブログ記事

今さらながら、エヴァンゲリオンのDVDを見ました〜。

昔少し見て、物語が複雑そうで難しそうでやめてしまったんですが、続けてみるとなかなか面白かったです〜。キャラもかわいいし^^♪
でも映像では、怖くて、気持ち悪いところもありました><。

意識の世界で自分と他の人や周辺と和集合の部分が描かれたりしてて、なるほどなあって思いました。
統合と分離っていうか。薄暗いドラマがなくても、そういうものかなあとも思います。
でも子どもの頃みても、こうは思わなかったなあ。。^^;

なんでしょう。対立関係のドラマに対する共鳴度が、昔から低かったように思うけれど、大人になってますます減ってきたような気もするような。。汗
でも世の中にあるもんなあ。。

少しずつ、気づきつつ、頭をクリアにできたらいいなあと思います。

あと、五十六茶が気になりました^^

読書メモです〜。

聖なる予言 (角川文庫--角川文庫ソフィア) (文庫)
ジェームズ レッドフィールド(著)


偶然の一致を信頼する。というのが改めて心強かったです^^!


それから、人との関係性やパートナーシップについてが面白かったです。
男女関係でも、最初はエネルギーを与え合えるけど、いつの間にか権力闘争に陥ったりするとのことでした。人の望む答えに結構合わせようとする方かと思うんですが、それが不安から来てたりするとだんだんと、辛くなってくるのかな。嫌われたくなくて、我慢して服従するというか〜。繰り返していた感じもするので、耳が痛かったような。。
自分の状態と癖を見てようと思いました〜。そしたら人も楽だと思うような。


それから、グループ会議の内容が面白かったです。
ブレインストーミングだとか、アクションラーニングだとか、そんなものが近いのかな。
頭の中のかけらを出し合えば、一人より、よい方法が見つかるというシーンで、そのやり方でした〜。
りゅうたまだとか、仲間通しの打ち合わせで、そんなシーンを経験して楽しかったことが。バチバチとはまって、おお☆と全員が納得。感動したりしました〜。
日常迷うところがあって、相談したくなっても、その人のいう答えを決めつけちゃったり、わかっちゃったりすると、、。つい一人で消化しようとこもってしまうことも多いんだけど。。
私がこの話し合いの性格を忘れないでいて、それで一緒に考えてくれる人がいたらこれは強いですね。これができる人とか目的をパートナーにしていけたらとてもいいなあ。

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち読書メモカテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは植樹です。

次のカテゴリは遊びです。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。